社長挨拶

 

 日本の年間消費総エネルギーの内、「電気」の占める割合は年々増加し、生活環境の整備、都市機能の高度化、地域開発にとって電気設備はその中核をなす存在となっております。

 弊社は電気設備工事を目的として設立され、戦後の復興から電化時代を経て、エレクトロニクス・情報化の各時代に、その先駆的役割と実績を積んで参りました。一般電気設備工事はもとより、石油精製及び化学プラントにおける防爆電気工事・計装工事の技術と実績は、お客様より多大の信頼を頂いております。

 時代は今、大量生産・大量消費に対する反省期に入っておりますが、当社は設立当初の柱である一般電気設備工事に加え、各種オートメーションシステムの設計・施工を含めて゛量より質”をモットーとして、新時代へ向けて健全な発展を期して進んで参ります。

 企業体質の強化・新技術の蓄積が社会貢献に役立つと信じるからです。

谷口社長顔写真